黒い部分に熱を集めてダメージを与えるという光の特性を使って、光脱毛ではムダ毛のメラニン色素に作用する脱毛ができます。もともとは針に電気を通す針脱毛が行われていましたが、光脱毛と違って強い痛みを伴い、お金もかかる方法でした。

メラニン色素に反応する光を使うので、肌が日焼けをしていると、光脱毛の効果が十分に働かなくなることは、光脱毛を受ける際の注意点です。小麦色に焼けた肌に光脱毛施術をすると、毛根部分だけでなく、皮膚表面でも熱を発してしまい、肌トラブルを起こしかねません。光脱毛をしている間は、日焼け止めを使ったり、日傘や長袖のシャツを利用して、日焼けをしないようにしましょう。光脱毛の施術を受けた後の肌は熱を持っていて、そのままでいると肌に赤みがでることがあります。皮膚を冷やしながらしばらく休ませることで、熱を持った肌の状態を改善することができます。光脱毛をした後に、ハードな運動や、アルコールの摂取をすると、体表温度が温かくなって、肌の赤みが引きにくくなります。生理のときは脱毛施術を行わないというエステもあるといいます。身体にトラブルが起きるわけではないので脱毛そのものは可能ですが、ホルモンの乱れなどで、脱毛が難しくなるような人もいるようです。生理の時は体質が微妙に変わっていて、肌トラブルが起きやすくなったり、痛みに敏感になっている人もいます。エステサロンで光脱毛を受ける場合には、生理周期を考えて予約をとるようにするとよいでしょう。
プロステビア 効果

Comments are closed.