顔のたるみは加齢や環境または肌の状態などによって起こりやすくなります。日焼けや加齢などで、肌がもともと持っていた保湿能力が落ちると、弾力が失われて皮膚は垂れ下がりやすくなります。

また、表情筋などの顔の筋力が弱くなってくると、顔のたるみが進んでしまいます。友好的な表情をつくるためには口角を上げて微笑んでいるように見せることが大事ですが、口角が下がりっぱなしだと皮膚がたるんで見えます。顔のたるみ解消を目指すには、笑っているような表情を意識づけるといいでしょう。ちょっとした隙間時間を利用して、まずは口角を上げる習慣をつけていくのもたるみ対策としは効果があります。表情筋が衰えて顔のたるみが進んでいると、口角を上げた時に口の周りの筋肉が痛くなることがあります。表情を意識して変えることで、表情筋を使う機会を増やし、たるみの少ない状態になれるでしょう。表情筋の衰えが解消されてくると顔のたるみが減り、さらにリフトアップ効果が出てきます。保湿力を高めることで肌の乾燥を防ぎ、ハリのある肌になることが可能になります。スキンケアによって肌の調子を整えることで、たるみを解消することが可能です。毎日のケアを心掛けることで、気になる顔のたるみを解消することができます。
プロステビア

Comments are closed.